Xubuntu



動作が重い場合

年数が経過している環境
(特に Windows XP プレインストールパソコン)で

動作が重く感じられる場合は、次の操作を行って下さい。

 

メニューの 設定 または 設定マネージャー より

ウインドウマネージャー (詳細) を起動します。

ウインドウが開いたら、コンポジット処理 タブを選択し、

コンポジット処置を有効にする を無効にして下さい。

 

これで半透明と影の効果が無効になりますが、

その分線画で CPU 負荷がなくなるため、

動作が軽くなります。


デスクトップアイコンを消す

デスクトップにあるアイコンは 設定 から簡単に非表示にする事ができます。


メニューより 設定 - デスクトップ を選び、アイコン タブにある

「デフォルトアイコン」内の各項目にあるチェックを全てはずします。

これでデスクトップにあるアイコンがなくなります。

 

デフォルトアイコン のチェックを外すと……

デスクトップのアイコンがなくなりました



選択している時の色を変更する

14.10 では選択している時の色がマゼンタになっていますが、これが気に入らない人もいるかもしれません。

これは簡単に変更する事ができます。

 

メニュー - 設定 - Theme Configuration を起動し、
「選択した部分の変更の色」を オフ にして適用すると 14.04 LTS まで採用されていた 濃い水色 になります。

または「選択した部分の変更の背景」を変更します。14.04 LTS までの 濃い水色 は #398EE7 です。


なお、マゼンダを採用したのは 14.10 のみで、15.04 では再度変更されています。

 

Xubuntu 14.10 は選択色がマゼンタですが……

気に入らなければ、簡単に色を変更できます



旧バージョンのメニューに変更する

Xubuntu では 14.04 LTS よりメニューが変更されていますが、13.10 以前のメニューも使用する事が可能です。

スクロールする必要がない、半透明の設定が反映されるなど、従来のメニューにもメリットがあります。

こちらのメニューを好んでいた人もいるかもしれません。

 

パネルを右クリック - 新しいアイテムを追加 を選択し、

アプリケーションメニュー を選択、追加 します。

なお、14.04 LTS からの新メニューは Whisker Menu です。

 

「アプリケーションメニュー」を追加します。

このメニューを懐かしいと思う人もいるでしょう。