Ubuntu Budgie

It's official! | Ubuntu Budgie (budgie-remix.org)

 

budgie-remix は 17.04 より公式フレーバー「Ubuntu Budgie」として仲間入りします。

budgie-remix 16.04 LTS・16.10 は Ubuntu Budgie をそのまま budgie-remix に読み替えて下さい。

16.04 LTS・16.10 固有の情報は「budgie-remix」のままにしてあります。


インストールでクラッシュする場合

budgie-remix ISO はロケール(言語)が不十分なのと

インストーラーの不具合によって

インストーラークラッシュが発生する事があります。

起動直後「budgie remix をインストール」から

インストールを進めた際に発生します。

「budgie mix を試す」でライブ起動してから

インストールを行うと正常にインストールできます。

 

また、インストールクラッシュが発生した場合、

「インストーラーがクラッシュしました」ウインドウを 閉じ、

再度インストールアイコンをクリックして、

インストールを行って下さい。

再度行うと正常にインストールできます。

 

Ubuntu Budgie 17.04 では修正が入っているようで、

この問題は改善されているようです。


アニメーション・エフェクトを無効にする

Ubuntu Budgie(budgie-remix を含む)では

初期状態でウインドウを開閉などの動作で

アニメーション動作を行います。

しかし、年数の経過している環境や

ビデオ効率の悪い環境ではカクカクした動作になったり

動作が重くなってしまいます。

 

このアニメーション動作は一部無効にする事が可能です。

最初に表示される Budgie Welcome より

(すでに非表示にしている場合でも
 システムツール Budgie Welcome で起動できます)

Getting Started を選択し、

左項目 Performance tuning から

Disable animations & Remote display を選択します。

 

これを行っても一部アニメーション動作するところがあります。


Fcitx の選択・アイコンの表示

Ubuntu Budgie ではネット接続した状態で日本語インストールを行った場合に fcitx-mozc がインストールされていますが、

Ubuntu GNOME の設定を継承し、IBus が優先されています。
(Ubuntu Budgie プロジェクトリーダーには Fcitx を優先するのが望ましい事を伝えてあるので、後に改善される可能性があります)

 

ネット接続せずにインストールを進めていた場合は、パッケージをインストールして下さい。

 

$ sudo apt update
$ sudo apt dist-upgrade
$ sudo apt install fcitx-mozc fcitx-anthy fcitx-kkc

 

Ubuntu Budgie 17.04 では、ネットに接続した状態でインストールすると、fcitx-mozc がインストールされています。

ただし優先は IBus になっています。(17.04 Beta 2 現在)

 

メニュー - 設定 - 入力メソッド を選び、fcitx を選択します。代わりに im-config -n fcitx としても構いません。

一度この状態でログアウト→ログインまたは Ubuntu Budgie を再起動すると Fcitx が起動し、日本語入力を行えるようになります。

 


 

しかし、Fcitx アイコンが右上に表示されません。(実際には一瞬表示されて、非表示になってしまいます)

2016年11月6日 より budgie-remix 16.04 LTS および 16.10 で AppIndicator が追加されました。

これを用いて Fcitx のアイコンを表示できます。

budgie-remix 16.04.2 LTS 以降(16.10 は除く)および Ubuntu Budgie 17.04 以降は
これが標準設定されているので、次の手順は不要です。

 

右上のアイコンをクリックし、画面右に黒い背景の表示(Raven サイドバー)を表示します。
通知 の右にある アイコン (設定アイコン) を選びます。

Budgie 設定画面に変わるので上部 パネル タブを選びます。
「アプレット」右の + を選び、AppIncicator Applet を選びます。

これで Fcitx アイコンが表示されます。下の ↑ ↓ で位置を調整して下さい。(解像度によって、下にスクロールする必要があります)

 



IBus の選択

Budgie デスクトップ 10.2.8 で IBus の対応が行われました。しかし、切り替えを行うためには設定が必要です。

budgie-remix 16.04 LTS・16.10 で 2016年10月 よりパッケージ対応しています。

Budgie 10.2.8 現在でパネルの表示は キーボードjp や キーボードja の表示で固定です。

他は GNOME Shell の IBus と同等に動作します。

 

IBus のパッケージは次のようにして予めインストールします。

 

$ sudo apt install ibus-mozc ibus-anthy ibus-kkc

 

その後、一度ログアウト→ログインをすると良いかもしれません。

Ubuntu Budgie 17.04 では、ネット接続した状態でインストールすると ibus-mozc がインストールされています。

 

1.設定地域と言語 を選択し、

「入力ソース」に入力メソッドを追加します。

日本語 (Mozc) などです。

 

2.右上のアイコンをクリックし、

画面右に黒い背景の表示(Raven サイドバー)を表示します。

通知 の右にある アイコン (設定アイコン) を選びます。

 


3.Budgie 設定画面に変わるので上部 パネル タブを選びます。

「アプレット」右の を選び、

キーボードレイアウトインジケーター

(Keyboard Layout Indicator)を選びます。

パネルに キーボード アイコンが表示されます。

下の ↑ ↓ で位置を調整して下さい。

(解像度によって、下にスクロールする必要があります)

4.追加された キーボードアイコン をクリックすると

入力メソッドが選択できます。

全角/半角 キーを押し、日本語入力を確認して下さい。



Dock・ランチャーを下に表示する

デフォルトでアプリアイコンを表示させている Dock・ランチャー は画面左に表示されています。

特に 1024×768 の場合は下に表示したいでしょう。

この表示は Plank という名前です。

 

メニュー -アクセサリー - Plank Preferences を選択すると設定画面が表示されます。

「位置」の項目を 下部 に変更して下さい。これで下に表示されます。

 



Dropbox を使用する場合

Ubuntu パッケージとして nautilus-dropbox と caja-dropbox が存在しますが、

nautilus-dropbox を使用するとパネルの表示で問題が発生する事がわかっています。

同じ問題を持つ Ubuntu MATE でパッケージ化された caja-dropbox を使用すると正常にパネルを表示可能です。

 

基本設定画面から「システム起動時に Dropbox を開始」を選んでも自動起動に入りません。

代わりに端末から次のコマンドを実行して下さい。

 

$ caja-dropbox autostart y